信念とは?信念を持つことで人生は豊かで幸せなものになる

こんにちわ、3次元翻訳家の西野です。

まず最初に1つだけ質問をさせてください。

あなたの人生は、あなたが想う通りに輝いていますか??


人は【信念】を持って生き始めると、だれもが自分を輝かせて生きていきます。


それは、信念という『自分自身の結晶』が、人生に1本の筋を通していくからになります。

その1本の筋は、自分を輝かせる光となり、人生に幸福や豊かさを生み出していくことになります。

本日は、そんな信念についての記事を書いてみました。

どうすれば信念を持つことができるのか??

そして、信念を持つことでどんな現実の変化が起こり始めるのか??


この記事を読むことで、自分の内側にある信念を思い出してもらい、そして、これからの人生に「自分という輝き」発していくことができます。


信念を持つことで、あなたは自分を生きる美しさを実感できます。


かなり詳しく記載していますので、何度でも読み返せるようにブックマークやお気に入りに登録して、メモを取りながら参考にしてもらえれば幸いです。

また、下記の記事も併せて読んでいただくと、より豊かな人生を生きることに役立ちます。

関連記事:
信念の意味とは?信念を貫く生き方のススメ

関連記事:
自分を変えるには、まずはなりたい自分を明確にイメージすること

関連記事:
自己肯定感を高めるためには自己効力感:エフィカシーを理解すること

関連記事:
覚悟とは何か?覚悟を決めることで人は生まれ変わることができる

それではさっそく、本題に入っていきましょう。

信念とは何か?

信念とは何か?

「信念を持って生きなさい!」

「信念に従ったらいい!」

「信念を大事にね!」

そういったことを今まで何度か言われた経験があると思います。


では、あなたの「信念」はなんですか?

もしそんな質問をされたら、あなたは何て答えるでしょうか?


「信念」とは、【固く信じて疑わない心】や、

【行動の基礎となる態度】

そのようなことを言うようですね。


固く信じて疑わない心と言う意味であるのなら、ぼくの信念は、人を絶対的に信じることになりますね。

そして、人生の可能性を信じて疑わないこともあります。

また、人の命は必ず幸福を体験するために生きている、という信念も持っていますね。


こう思うと、信念って結構たくさん持っているのかもしれませんね。

では、固く信じて疑わない心は一体どうやって身につけていくのでしょうか??

どうやって信念は、生まれてくるのでしょうか??

もう少し信念を深掘りしていきましょう。

信念とは自分自身への信仰である

信念とは自分自身への信仰である

信念がどうやって生まれるのか??

それは言い方を変えると、どうやってその心が固まっていったのか??ということにもなります。


つまり、今のぼくがなぜ、絶対的に人を信じる心を持つようになったのか?

そして、なぜその考えを絶対的に信じるようになったのか??ということでもあります。


信念とは、自分の中で何度も繰り返されてきた思考になります。


そして、何度も繰り返されたことで、自分自身の一部として定着してしまっている考え方にもなります。

だからこそ、無意識に行動に現れているものになっています。



例えば、小学生の頃に何度も何度も繰り返して覚えた「九九」をイメージしてみてください。

何度も何度も繰り返すことによって、自然と自分の脳内で思考が繰り返されますよね。


いんいちが、いち。

いんにが、に。

いんさんが、さん・・・


そうやって繰り返していくうちに、無意識にでも脳内に思考が染み付いてしまいますよね?

そして、いつの間にか「九九」を丸暗記してしまいます。



信念も同じことになります。

何度も、何度も自分の脳内で行われた思考が、無意識のうちに自分に染み込んでいきます。

そして、それがいつの間にか「固く信じて疑わない心」を作り上げていきます。


そうやって何度も何度も繰り返してできる『信念』は、いつの間にか自分への信仰になっていきます。


例えば、人に対してどんな態度をとることで自分が幸せになるのか??

例えば、どんなことに気をつけて毎日を生きれば、自分が幸せになるのか??

例えば、自分がどんな人生を歩めば幸福を感じることができるのか??


そういったことを繰り返し繰り返し自分の脳内でセフルトークしていきながら、いつの間にか自分の信念(固く信じて疑わない心)を生み出していきます。


そして、その信念を信じて行動することで、自分は幸福になります。


だからぼくは、人を絶対的に信じることを、今後も止めることはありません。

例え、人に裏切られて、どれだけ心が痛みを覚えてもです。



それは、自分が生きてきた経験から考え、自分で生みだした幸せを信仰しているからになります。


ぼくは長年痛みから逃げ続けて、そんな自分が作り出してきた現実がもう嫌になりました。

それは、人に裏切られてでも人を信じる方が楽しいし、例え痛みを受け取る結果になったとしても、そうやって人と接する方がより感動できることを思い出させてもらったからになります。


だから、ぼくは人を信じないことを、止めるようになっていきました。

そんな風にして、人を信じる信念を持ったぼくの人生は大きく変わりはじめることになりました。

信念を持つことで何が変わる?

信念を持つことで何が変わる

信念を持って生きはじめたことで、現実が変わり始めました。


では一体、何が変わりはじめたのでしょうか??


それは、以下の4つになります。

・行動に迷いがなくなる

・今が辛くても不幸にならない

・自分の選択に自信を持てる

・同じ信念を持つ人と仲間になれる


信念を持つ前と、信念を持った後で変わる現実の変化は、とても大きなものになります。


そしてその変化は、人生を幸福なものにしてくれるものでもあります。

これから、信念を持つことで起こる現実の変化を1つずつ見ていきましょう。

行動に迷いがなくなる

行動に迷いがなくなる

信念を持つと、人生におけるすべての行動に迷いがなくなっていきます。

それは、固く信じている心が、自分自身にセットされている状態になるからです。


例えば、ぼくの場合で言えば、人生の可能性を信じているという信念を持っています。


だからこそ、人生にどんなことが起こっても、人間の可能性を信じて変化する道を選ぶようになりました。

また、それは相手に対しても同じことになります。


何かに悩み、一歩を踏み出せない相手がいれば、迷わずに背中を押すことだけをします。

それは、絶対に前に進んだ方が良い結果になることを信じているからですね。

・自分に新しい挑戦をさせてあげること

・自分を信じて前に進んでいくこと

・自分の成長を楽しむこと

たった1度しか体験できない『自分の人生』だからこそ、残された時間の中で自分の可能性を体験することが、一番大事だと信じています。


だから、どんな時でも一切の行動の迷いがなくなってしまいます。

固まってブレない信念が身についているからこそ、人生に一本の軸が通ることになります。

その軸が通っているからこそ人生の行動に悩むことがなくなってしまいます。


だから、現実がどんどんと望む方向へと動いていくようにもなるわけですね。


そして、信念を持つことで変わる2つ目は、今が辛くても不幸にはならなくなるということです。

今が辛くても不幸にならない

今が辛くても不幸にならない

信念を持って生きていなかった時は、今体験している辛さが永遠に続くように感じられていました。

でも、信念を持つことで、例え今が辛くてもその辛さに対して不幸にはならなくなりました。


その理由は、人生に1本の軸が入っているからになります。


どういうことかというと、例えばいくら自分が人を信じていたとしても、相手に裏切られるかもしれませんよね?

実際にぼくは、信じると決めた人に浮気をされたことがあります。

それも、5年間付き合い、いよいよ結婚をしようという時にです。


その時はとてもショックで、その瞬間は大きな怒りも込み上げてきました。

両親にも報告していましたし、そのために仕事も変えていた時期でした。

心には激痛が伴いました。

少しの間は色々な葛藤や、痛み、辛さ、言葉にできない感情などが、たくさん押し寄せてきました。

でも、だからといってその時に、全てを投げ出すことはありませんでした。



それは、ぼくの信念に絶対的に相手を信じるがあったからです。


その信念があったからこそ、その時にきちんと相手と向き合うことができました。

それは決して「別れたくない」や「離したくない」というものではなくて、お互いの人生の成長のためにきちんと向き合うという意味になります。


それは、お互いにしっかりとこの時に関係を完了させておかないと、また次の場所でも繰り返してしまうことが分かっていたからです。


今後も誰かの心に「痛みを与える人」にはなって欲しくなかったし、また、そうさせてしまっていた自分とも向き合うことができました。

そうやって、人として向き合える自分で在ること、相手で在ることを信じていました。


だからこそ尚更、きちんと向き合わないとダメだと、一時的な感情を押しのけて行動をとっていました。


昔のぼくであれば、心に痛みを追ってまで、その現実に向き合いたくないと思ってしまって、かんたんに関係性を終わらせていたと思います。


でも、その時の感情に任せてこの件を終わらせてしまうのではなく、この出来事をお互いの成長のキッカケにする選択を選ぶことができていました。


それは、相手を信じて、自分を信じて、人を信じていたからです。

必ず、大切なことを思い出すために、向き合えると。

例えその結果が、お互いに別々の道に進んだとしてもです。


相手を信じると決めたのは自分だからこそ、そこでどんな関係になろうとも、大事にするのは相手と真に向き合うことだと信じれていました。

結局、この時から2人の関係性は離れることになりましたが・・・


でも、ただ感情に任せて終わるのではなくて、そのターニングポイントをお互いの成長に活かすことができました。


だからぼくは、この件があってからより人を信じるようになりました。


その時の一時的な辛さによって、ぼくは不幸になることを選ぶこともできました。

でも、実際のぼくは、その経験を通して自分を信じれる強さや大きさを手に入れることができました。


だから、幸運だったと今では思っています。

それは、自分の信念に従えたからです。


自分が生み出した信念とは、今までのすべての人生経験から導き出された「自分の幸福の在り方」になります。

だからこそ、その信念にしたがって、本当に自分としてやりたいこと、好きなことを選べたわけですね。


ただ、何も話合わずに、関係性を終える今までの自分としてではなくて。

どんな結果になろうとも自分が信じた人と向き合い、そこで人間関係をきちんと完了させること。

そうやって、離れるなら離れる。

また、頑張るのなら頑張る。


ぼくのやりたかった相手との関係性の築き方を、自分の人を信じるという信念にそって行動できたわけですね。

そして、その彼女と、もうすぐ入籍することが決まりました。(笑)

その出来事があってから約2年になります。


その時のぼくに、人を信じるという信念がなければ、若い頃のようにその場で縁を切って終わっていたと思います。

そして、その出来事によって不幸な自分を当分は演じていたと思います。


でも、自分の内側に信念があることで、感情や状況に左右されずにもう少し大きな視点で物事を見ることができるようになっていました。


そして、そんな状況であっても、自分が本当にしたいこと(相手を信じて、きちんと分かち合う)を、自分の意思で選ぶこともできました。

だからこそ信念があれば、例え辛かったとしても決して不幸になる選択を選ぶ必要はなくなってくるわけですね。

自分はどうしたいのか?

そのことを、きちんと信念にそって行動することができるように現実が変わっていました。

そして、信念を持つことで変わる3つ目は、自分の選択に自信を持てるということになります。

自分の選択に自信を持てる

自分の選択に自信を持てる

自分の内側に信念が宿っていれば、どんな選択に対しても自信を持つことができます。

それは、信念という『自分信仰』があるからですね。


色々な考えや価値観、経験や体験を通して、何度も何度も思考してきた結果、自分がこれを信じたいと固めたものが信念になります。

そして、それを固く疑わずに信じると決めたものが『信念』になります。


だからこそ信念にしたがっていれば、自分の思考、行動、選択に一切迷うことがなくなってきます。

それは、信念という軸を中心にして生きているからです。


ぼくは今年、約10年前に一緒に暮らしていた友人と再会することがありました。

その友人は、ある日突然飛んだ(失踪した)友人でした。

当時ぼくたちは、映像表現をするチームを組んでいました。


いくつかの仕事をうけおっていましたが、ある日彼は何も言わずに飛びました。

もちろん、その時にぼくも人生の岐路に立たされることになりました。

そしてその時に、ぼくは自分の意思で映像の道を諦める決断をしました。

当時のぼくは彼に対して怒りや許せない想いを持っていました。

そんな彼から約10年ぶりに連絡があり、今年再会しました。


彼はその後ホームレスをしていて連絡も一切とれずに、でもそこからまた生きたいと思い、人生を歩んでいたそうです。

そんな彼が会いたいと連絡をくれた時には、ぼくはすでに決めていました。


今後、どんなことがあっても彼を信じるということを、です。


そうすることがぼくにとっての幸福であり、自分の信念に従うことになるからですね。

逆を言えば、信念にそった行動、選択を取らないと自分が幸福であることができなくなるわけです。

だからこそ、自然と信念にそって、自信を持って、迷うことなく、会う選択もできました。

そして、彼ともう1度関係性を新しく作りたいとも思いました。


そうすることが、ぼくにとっての幸福になるからですね。


そして実際に、その後も一緒に野外フェスにいったりしたし、つい先日も、彼が悩んでSOSを出した時には、厳しくも寄り添うことができました。


相手にどう思われるとか、こんな行動をとったら関係性がどうなるか?ではなくて、相手を信じているからこそ全力で相手に向き合うことができます。


それは、どんな選択をしても信念に紐ついてさえいれば必ず伝わることを信じているからです。


そして、その結果がどうであっても(また彼が飛んだとしても)、ぼくの信念にそった行動に自信を持っているからこそ、すべてを受け容れています。


でも、そうやって関係性を築けることが『喜び』だと知っているからこそ、ぼくは人を信じるという信念を持って接するわけですね。

誰のためでもなく、一番は自分のためにです。


そして、そうやって自分の信念にそって行動すると現実が望むように変わることを知っているからこそ、自信を持って行動できるようにもなります。


そして、信念を持つことで現実が変わる4つ目が、同じ信念を持つ人と仲間になれるということになります。

同じ信念を持つ人と仲間になれる

同じ信念を持つ人と仲間になれる

信念を持つと、現実が大きく変わることは『人間関係』になります。


例えば、ぼくは人生の可能性を信じる、という信念を持っています。

だからこそ、未来を見る人、自分の可能性を信じる人たちが自然と集まって来るようになりました。


そして、ぼくは自分の可能性を信じているので、情報発信ビジネスを通して可能性を広げる活動をしています。


それは、人生の可能性を広げることができる「ツール」だと確信しているからです。


そうやって、人生の可能性を広げるビジネスを選択をすることは、本当に幸福な自分を生きやすくするために必須だと思っています。


時間に縛られず、お金に支配されず、仕事に左右されない、そんな選択肢を得ることで人生の可能性は大きく広がっていくからですね。

そして、そんな人たちが増えていけば、世界は楽しくなるとも信じています。


だからこそ、自由を生み出せる情報発信ビジネスを通して、人生の可能性を広げていく人を増やしたいと想いを持って活動しています。


そうやって活動をしていると、ぼくの可能性を信じるという信念に反応してくれる人が、現実的に増えてきました。

そして、ぼくの信念に興味を持ってくれて、同じように信念に共感してくれる人たちが、実際にお金を払ってくれて仲間になってくれています。

そうやって、仲間と一緒になってビジネス活動を通じて人生の可能性を広げていっています。


本気で関わりあえる仲間が増えることは、人生の豊かさに紐ついていきます。


また、ぼくは人を信じるという信念も持っています。

それは、とあるセミナーに行ったことでぼくに起こった変化なのですが、それ以降、人を信じる仲間の和も広がっています。

住む場所、生きてきた時間、そういったものとは関係なく、また、現在何をしているのか?そういったことも関係はありません。

ただ、人を信じるという共通の信念に共感している仲間のコミュニティに属しているので、とても心強い仲間がたくさん増えてもいます。


そして、ぼくが信念を持つようになってから、現実に劇的な変化が起こったことがあります。

それは、「信念を共にできない人と無理に付き合うことがなくなっていった」ということです。


このことは、ぼくの人生でとても重要なことになりました。


やはり価値観の合わない人や、想いが違う人と無理に人間関係を築こうと思ってもなかなか難しくなってしまいます。

また、そのことに膨大な時間とエネルギーと神経を使ってしまいますよね?

それもストレスを感じてまで・・・


でも、同じ信念を持っている人との人間関係は、ある意味とてもラクになります。

それは、自分の深い想いを共感できているからです。

だからこそ、合わせようとする人間関係よりも、とても自然体でつながることができます。


時にどこまでも甘え、失態をさらせるようにもなりますが(笑)

でもそれだけはなくて、本当になんでも分かち合うこともでき、背筋を伸ばすフィードバックももらえます。


信頼しあえる関係性を築くからこそ、お互いの人生に深く関わっていくこともできる仲間になっていきます。


そんな風に信念を持つことで、人生はどんどんと良い方向へと進んでいくことになります。

では、そんな信念を持つためには一体どうすればいいのでしょうか??

それをこれから一緒に見ていきましょう。

信念を持つためにはどうすればいい?

信念を持つためにはどうすればいい?

信念を持つためにポイントとなることは3つあります。


その3つとは、

・どう生きたいのか?どう在りたいのか?を決める

・自分にとっての幸せは何か?

・人生のゴールは何か?

になります。


これらのポイントを明確にしていくことで、信念を持つことができます。

それでは、もう少し詳しく見ていきましょう。

どう生きたいのか?どう在りたいのか?を決める

どう生きたいのか?どう在りたいのか?を決める

信念を持つためには、自分がどう生きたいのか?を決めることです。


どう生きたいのか?とは、自分自身がどう在りたいのか?ということでもあります。

「在りたい」というのは、常にどんな自分でいたいのか?という姿になります。


例えばぼくの場合だったら、どんな時でも、どんな人にでも、常に可能性を示すことができ、その人の内側に成長を促すような刺激を与えれるそんな存在で在りたいと思っています。


そして、そんな自分で在るために、ぼくは人にインスパイアできるような生き方をしたいと思っています。

「インスパイア」とは、自分の影響力によって相手自身が変化を望むようになることをいいます。


つまり、ぼくの生き方を見た人が、人生観を変えてしまうような影響力を届けれたらと想いを持っています。

どこまでも自分という制限を飛び越えて、自分を生きる楽しみや喜びを与えれるように、そんな生き方、在り方で在りたいと望んでいます。

具体的な目標で言えば、1年365日かけて自由に地球を冒険できる生き方を目指しています。


多額の借金を背負っていた人間でも、多くの挫折を味わった人間でも、そんな生き方ができることを知ってもらえれば、たくさんの希望を与えることができると思っています。

こんな風に、あなたがどんな生き方をしたいのか?

そして、どんな自分で在りたいのか?


それを決めることで、信念を持つことができるようになります。


そんな「理想の生き方」や、望む自分の姿を持つためには、自分にとっての幸せが何であるのかを知る必要が出てきます。

自分にとっての幸せは何か?

自分にとっての幸せは何か?

ぼくたちは、1人1人に個性があります。

だからこそ、1人1人が興味を持つものや、好き嫌い、また美しいと感じるものも違いますよね。


同じように、自分が感じる幸せも、1人1人違って当然になります。

だからこそ、自分がどんな生き方をしたいのか?を決めるためには、自分にとっての幸せを知る必要が出てきます。

その幸せこそが、どう生きたいのか?どう在りたいのか?を決めていくことになるからです。


ぼくは、旅をすることが大好きです。

・知らないことを知ること

・知らない世界を見ること

・知らない世界に触れること

こういった体験を旅は教えてくれるからです。


ぼくの幸せは、そういった地球の体験を増やすことにあります。


でも、幸せを感じることは決してそれだけではありません。

・人と心を通じあわせて時間を共有すること

・人の崇高な姿勢に触れること

・人の愛に触れて感動すること

そういったことにも幸せを感じます。


また、子供と接することも幸せですし、大自然の中でキャンプをすることや、音楽や人類の叡智に触れることにも幸せを感じます。

そうやって、まずは自分が本当に幸せを感じることをたくさん想像してみてください。


きっといくつもあるはずです。


そして、そんな幸せを体験している自分とは、一体どんな日常生活を送っているでしょうか?


どんな風に人と接していて、どんな自分で世界を生きているのでしょうか??

また、そんな幸せな自分には、どういった強い想いがあふれているでしょうか??


そういった自分の好きやこだわりが、信念を生んでいく種になります。

そして、自分の幸せを自分で知っていくことで、どんな人生を歩みたいのか?という人生のゴールも生まれていきます。

人生のゴールは何か?

人生のゴールは何か?

信念を持つためには、人生のゴールを決めることがとても重要なことになります。

それは、あなたの命の使い道を定めることになるからです。

でも、そうやって命の使い道を定めるからこそ、強い信念を生み出すことが自然とできるようにもなります。


それが、人生におけるゴール設定になります。


ゴール設定に関してはこちらの記事も読んでみてください。

参考記事:
目的意識で成否が決まる?日本人の苦手なゴール:目的思考



例えば、人生のゴールとは何ですか??と聞かれて、あなたは何て答えることができますか??

なかなか人生のゴールと言われても、ピンとこない人も多いのではないでしょうか??


それは、小さい頃からゴールを決める練習をしていないからになります。


でも、だからこそ、人生にゴールを決めることがとても大事になってきます。

それは、自分を生きる意味を決めることにもなるからです。


自分自身がどんな想いを持っていて、そして、どんな生き方をしたいのか?

そのために、どんな人生のゴールを決めているのか??


そうやって、あなたの生き方を決め、幸せを決め、人生のゴールを決めることで、あなたの信念(固く信じて疑わない心)は生み出されていきます。


つまり、自分自身を信じて生きる人生が始まるということですね。


そして、そうやって自分自身を貫いて生き始めると、あなたの人生には「生きる美学」が生まれてくることになります。

信念を貫くことが生きる美学を生む

信念を貫くことが生きる美学を生む

信念を貫くと、そこには美学が生まれてきます。

自分の好きを貫き、自分の幸せを貫き、自分の生き方を貫き、自分の信念を貫くことは決して簡単ではありません。

時に誰かに笑われたり、時に誰かに邪魔されたり、時にみんなに馬鹿にされるかもしれません。

でも、それでも、自分の信念にしたがって人生を貫く姿勢に、多くの人は魅了されます。


なぜなら、本来人はそう在るべきことを、誰もが知っているからです。


少し深い話になりますが、一体ぼくたちは何のために生まれてくるのでしょうか??


それは、自分を体験するためにです。


だからこそ、生まれてから自分に色々な体験をさせていきますよね。

そして、そんな中で自分というものをより深く知っていきます。


そして、そんな体験や成長を通して、自分の中で守りたい想いや大事にしたいことに気がついていきます。

それこそが、信念を生み出していきます。

自分を体験するからこそ生まれるもの。

つまり、「信念」とは、自分自身の結晶そのものになります。



だからこそ、その信念を貫いて生きる姿は『美しさの本質』になります。


それは、自分を生きる本質になるからです。


人としての崇高な姿勢であり、人を魅了する原石であり、本当は誰もが在りたいと望む姿そのものになります。


だからこそ、己の信念に従って生きている人間に、ぼくたちは美しさを感じてしまいます。

己の信念に従う人間は美しい

己の信念に従う人間は美しい

人の心は、とても揺れやすいものです。

どれだけ固く信じて疑わない心を持ったとしても、やはり人は弱い生き物でも在ります。


でも、どんな時でも、自分の信念に従って生きている人を見ると、やはりその姿が眩しいぐらいに美しいものであることを思い出させてくれます。

それぐらいに、信念に従って生きることが難しいからですね。


でも、そういった姿勢で生きている人をみて、またもう1度チャレンジしようと思うのは、やはりその美しさが人の本質からあふれ出るものだからです。


人は本来、誰もが美しい存在です。

もちろん、外見的な美しさという意味ではなくて、内側から溢れ出る美しさを持っているという意味で、です。

でも、その美しさを出すためには、内側の輝きを濁らせない人で在る必要があります。


その輝きこそが、信念になります。


強い意志と、崇高な姿にこそ、信念の本当の美しさが隠されているのかもしれませんね。

そして、そういう人間で在りたいと望んでしまう本質には、もともとその美しさが人間の内側に在ることを思い出させてくれているのかもしれませんね。

まとめ

まとめ

信念を持つことで、人の生きる意味が思い出されるのかもしれません。


だからこそ、信念を持つことで、人生は本当の意味で豊かさを取り戻すのかもしれませんね。

そして、その自分を生きる豊かさこそが、命を生きる幸福へとつながっていくのでしょう。


では、長くなりましたが最後に記事をまとめたいと思います。

・信念とは「固く信じて疑わない心」

・信念は、どんな時でも自分を信仰することになる

・信念を持つことで現実が変わりだす

・信念は、行動の迷いを消す

・信念は、不幸を選択する必要をなくす

・信念は、自分に自信をつける

・信念は、仲間を増やす

・どんな生き方をしたいのか?が信念を生む

・信念を貫く姿こそが、最も美しい姿になる

・自分自身を生きることが、信念になる


ぜひ、信念を持って自分を生きることを楽しんでくださいね。

どこまでも自分を信じて、自分というオリジナルライフを命ある限り体験していきましょう。



最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

このブログの内容が役に立った、と感じた方は下のランキングバナーを押していただけるとうれしいです^ー^

 にほんブログ村 資格ブログ 自己啓発へ

本気で人生を変えたいあなたへ

最後までお読みいただきありがとうございます。


このブログでは「命の可能性をどこまでも広げていくために」必要な情報を発信しています。


「お金」「仕事」「自分自身」に制限されないで、「やりたいこと」を自由に選び「生きたい生き方」を自由に選び「在りたい自分の在り方」でとことんまで自由に自分を楽しむことが出来れば、『生きること』の意味が根本から変わってしまいます。


でも、それこそが、本来の『命の使い方』になるはずだと信じています。

ぼくも、人生に夢や希望を持つことを一度「あきらめた人間」です。

自由を邪魔する『たくさんの制限』に負けてしまい、人生に夢を描くことをあきらめてしまいました。

そんな時期に、このブログの運営者であるサトリ(金山慶允)さんと出会いました。


サトリさんが、ぼくの冷めてしまった気持ちを動かてくれたのは「人生をあきらめる必要がないこと」を丁寧に教えてくれたからでした。

それは、サトリさん自身も人生に迷い、でも何とかしようと思って『実際に人生を変えてきた人』だったからです。


サトリさんは起業後、わずか3年で年商1億円を突破しましたが、それが何も「特別なことでは、ないこと」を常に教えてくれます。

だからぼくも「人生をあきらめる必要がないこと」を知りました。

でもそれは、サトリさんの講座を受けていれば自然と身につくことでした。


なぜなら、サトリさんは相手の成長だけを見て、常に背中で見せてくれる『真の教育者』だからです。


だから、ぼくもその背中を追っていくうちに自然と変わってしまっていました。


当時のぼくは、借金が400万円以上に膨れ上がる「ていたらく振り」で、本当にどうしようもない人間でした。


でもそんなぼくでも今では毎日、わき目もふらずに活動を続けることを楽しむことができています。


それは、サトリさんの言葉に毎日触れているからです。

サトリさんの講座と出会って、ぼくは自分の頭で考える力や、現実を前に動かす力、夢を見る力、そして、生きる力を、毎日持てるようになりました。

そして今では、こうして一緒に仕事をすることができています。


そんなサトリさんのオンラインビジネス講座が、この【賢者の知恵袋】では無料で公開されています。

起業後3年で年商1億円を突破した『真の教育者』のビジネスメソッドをこちらでは無料で受け取ることができます。

人生は、決して偶然変わるのではなくて「変わるべくして変わる」

そのカラクリを、ぜひ体験してください。

必ず、現実が動いていきますよ。

こちらのリンクから無料で登録できます。

サトリ式ビジネス講座